HOME > NEWS & TOPICS > アーカイブ > 2013年7月

NEWS & TOPICS : 2013年7月

ブライダルシーズン

夏から秋にかけて紫外線によるダメージが大きく

肌が硬くなりやすい時期です

また、皮脂がたまりやすい次期でもあります

特にTゾーンの皮脂汚れは黒ずみやニキビの原因に・・・

溜まったTゾーンの毛穴汚れを集中ケアし、さらには紫外線により硬くなったお肌を

柔らかくすることで、お肌のターンオーバーを促していくIZUMIのブライダルエステはいかがですか?

是非お待ちしています


シェービングとソフトシェービングの違い

剃刀かみそり(レザー)・・・・・・一般的に理容店で使われているレザーはこんな感じ↓です。替刃を入れ替えて使用します。いわゆる国家資格の必要とされるカミソリです。

剃刀かみそり(レザー)
うぶ毛を剃るブライダルシェービングでは良く切れる新刃を使います。肌へのアプローチが究極になってますね!これは板前さんがすごく切れる包丁を持っているのと同じですし、やはり使いこなせるんですよね。安全=ソフト。かみそり=危険、まける。などの誤解を持つ方がいらっしゃいますが これは包丁と一緒でプロが使えば、全く問題ありません。確かに大変危険なので国家資格を持つ理容師にしか権限がもたされていません。


ではエステサロンで多く行われている通称ソフトシェービングと呼ばれているのはこんな感じのものを使用しています↓。美容室さんなどには必ずある、襟などのむだ毛を処理する電気シェーバーです。この電気シェーバー(業界ではうぶ毛トリーマーと呼ばれています)でビーンビーンやるわけです。切れ味は良く(プロ用だから当たり前)体毛の薄い人は目立たなくなります。しかし、これを剃るとかシェービングとかの表現は誤解を与えるかも知れませんね。うぶ毛をカットするもしくは処理すると行った感じでしょうか?

9cd10d30.jpg

挙式まで時間がない。直前に受けれるコースって???

挙式直前までブライダルエステに行く時間が取れない、という人のために当店ではサロンでは1Dayコースを設けています。

1日で集中して全身をトータルで磨きをかけるため、時間的には若干長めです。

1Dayコースは、いわば忙しい花嫁さんの駆け込み寺的存在です(笑)


福岡市東区 ブライダルシェービング専門店 IZUMI


ブライダルエステをうける理由


"花嫁"はウェディングの主役。だからより美しくshine

人生の門出を祝うウェディングは、女性の一生でもっとも輝く瞬間ともいえます。
結婚式では花嫁が主役であり、誰もが美しく幸せそうなあなたに祝福と羨望の目を向けるのです。
この大切な瞬間を、もっとも素敵な自分で迎えたいと思うあなたのためにブライダルエステが存在します。
今や、ブライダルエステはウェディングの準備に欠かせない大切な要素となっているのですheart02

 

"写真"の中の自分を永遠に美しくするためにshine


結婚式の思い出を残すために"写真"の撮影は欠かせません。写真は肌の状態、メイクののり、スタイルなど想像以上にリアルに写し出し、さらに残っていきま す。式にこれなかった友人に、また、将来生まれ来る子供たちにもあなたの美しい瞬間を伝えるために、ブライダルエステで自分磨きをしていきましょうlovely

 

 

福岡東区  ブライダルシェービング専門店 IZUMI


ブライダルシェービングって?【豆知識】

一般的に挙式前に産毛を処理するのは日本の伝統です。

剃る=シェービングは日本人にとっては、ごく日常的なことで、特別なことではありませんthink

しかし昔と今との違いは日本人の肌質がアトピー肌なども含め全体的に弱くなったことです。

ですから、むかしながらの施術では赤くなったり、ひりついたりすることもあるのです。

ですから、ニキビ肌、アトピー肌、敏感肌のお客様も安心してシェービングを受けられるのです。

濃いめのお客様はちゃんと当日までもつように2回剃りします。エステサロンに多い電気シェーバーを使ったソフトシェービングは、

濃いめの方には、おすすめできません。

ジョリジョリしますから・・・でもお客様がカミソリとソフトシェービングで迷ってらっしゃるのならば

ご相談下さい。腕はソフトシェービングで顔はカミソリなんて組み合わせでも対応致します。

 

お客様の納得が満足に繋がるのですから

 

またシェービングを行えるのは保健所登録された国家資格者でなければなりません。

最近多いマンションの一室でのエステサロンでは許可はおりることはありません。つまり国が管理できないサロンということです。

どこで剃っても同じじゃないんです!sign03


1

« 2009年3月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ